天井や壁、柱や窓枠のシミは雨漏りの原因です

  • 雨漏りガイド
  • 工事の流れ
  • 料金表
  • 対応エリア
  • 施工事例
  • 雨漏り隊ブログ

雨漏りの原因

  1. 雨漏り110番仙台店HOME>
  2. 雨漏りの原因

こんな症状を見つけたら雨漏りかも…

天井に見えるヒビや外壁塗装のはがれ、膨らみ。あまり気にはなっていないかも知れませんが、すでに雨漏りを引き起こしている可能性があります。屋根の雨漏りは住居そのものの劣化を早めることにもつながります。晴れの日でも湿気が高く、カビやダニの発生を誘発し、喘息やアレルギーの原因になるなど、雨漏りが原因でさまざまな被害を引き起こすこともあります。雨漏りは早期の発見と対応が大事です!

  • 天井や壁のシミ

    天井や壁のシミ

    天井や壁のシミの場合、屋根が瓦製であれば屋根瓦のズレや瓦内部への浸水したケースが考えられます。瓦以外の素材を使っている場合でも、屋根素材と屋根の壁面の間に敷く防水シートの劣化、防水用に塗装する塗装材の劣化または壁面自体がひび割れなどを起こしたことにより、その雨漏りが天井や壁をつたって浸水することが考えられます。
    雨が降ってシミの発生や直接水滴が落下してくるだけでなく、放っておくと柱や天井が黒ずんで腐食したり、カビが生えたりします。

  • サイディングのかけ、はがれ

    サイディングのかけ、はがれ

    外壁材として多く利用されるサイディングは、経年劣化、風雪・凍結などにより欠けたり、剥がれたりし、雨漏りの原因になります。特にサイディングボードのつなぎ目(コーキングやシーリング)は紫外線や寒暖の差でも劣化しやすく、つなぎ目の部分が弱くなれば当然サイディング自体も欠けたり剥がれやすくなったりするため注意が必要です。
    サイディングのかけ、はがれを放置しておくと、そこから雨水が内壁に浸水していき、雨漏りやシミの原因にもなります。サイディング自体が水を吸って膨らみ、さらに壊れやすくなるので、早急な対処が必要になります。

  • シーリングが切れている

    シーリングが切れている

    寒暖・乾湿の差に加え、地震や強風などでサイディングに強い衝撃を受けると、つなぎ目を覆うシーリングにも負荷がかかり、シーリングが縮んだり、切れたりと劣化の原因になります。シーリングの劣化は、つなぎ止めているサイディング間に隙間をつくることになり、そこから雨水の浸入を許します。
    雨水が浸水すると、サイディングが腐朽やひび割れを起こし、建物の内部に雨水が染み出す恐れがあるため注意が必要です。

  • 外壁塗装のはがれ、膨らみ

    外壁塗装のはがれ、膨らみ

    外壁塗装のはがれや膨らみは、塗装そのものが劣化したことによって起きるとは限らないため、その兆候を注意深く見なければいけません。
    外壁が木造であれば湿度の変化で、金属製であれば熱による膨張で収縮し、力が加わるため、ひび割れなど劣化の原因になります。そのため、外壁のヒビから雨水が進入します。また、膨らみも、外壁のひび割れや天井などから雨水が浸入したことにより起きる場合があります。この場合、塗装の塗りなおしだけでは根本的な解決にはならないため、原因をしっかりと調査する必要があります。

  • 柱・窓枠のシミ

    柱・窓枠のシミ

    外壁に近い柱や、天井とつながっている柱にシミが見られる場合、外壁や屋根が雨漏りを起こしている可能性があります。注意しなければいけないのは、目に見えない柱の内部や天井に隠れた部分が腐食し、柱としての耐久性が弱っている場合です。危険なため、腐食部分だけでなく、柱ごと取り替えなければいけない必要も出てきます。
    また、窓枠にできるシミは外壁のサッシ部分のシーリングが劣化したことや、窓枠付近のサイディングがひび割れを起こし、そこから雨水が浸水して発生していることが考えられます。

このページの上部へ